[コラム] Windows10をスタッフが使ってみました

PCらいふパソコンレンタルサービスです。

Windows10をスタッフが使ってみました。
ズバリ言いますと「以前のOSと大きな変化がない!」のですが、そこが魅力で、今までのユーザーに違和感なく入り込める嬉しさがあると思います。だからと言って変化が無いわけではありません。もちろん良いところがプラスされています。

シャットダウン、起動はやはり早いです。
画面の切り替え時もスムーズで、遅くてイライラすることも減り快適です。Windows10になりストレスは大幅に軽減されていることは間違いありません。

しかも新機能である、Microsoft Edgeは面白いです。
なんといってもWEBのページに直接手書きができるので、WEBのページを送ったり、WEBページに直接マークしたりコメントを入れられるので、相手にどの文章を特にチェックしてほしいかわかりやすいと思います。あえて印刷をしてマーカーで引くなどしなくてもよいのでペーパーレスにもなります。欲しい部分だけ切り取りもできるので不要な部分を排除でき見やすくなります。ペンやマーカーの太さも変えられ、ワンノートに送信、スタート画面にピン止めも可能、ワードなどに保存もできるので資料がデータとして残ります。仕事もはかどるのではないでしょうか。自作手書きによる自分の意志ポイントを伝えられるところが、PC内での人間味も一緒に伝えられるところだと思いました。

仮想デスクトップは、例えば「通常業務用」「会議用」「WEB閲覧用」などと作業用途で分けて作れるので管理がしやすくスッキリします。タスクビューも多くのページを開いている時に素早くその時見たいページを探せるので、私も愛用しています。これらを使用すると自分好みのPCへと近づけられると思います。

初心者の私にはただただ様々な機能に驚くばかりです。初心者には新鮮であり、ユーザーには、慣れ親しんだ使いやすさとプラスしてストレスの軽減をもたらしてくれることは間違いないと思います。
1度是非当社のパソコンをレンタルしていただいて、Windows10のいろいろな新しい機能を体験してみませんか?

≪Windows10 レンタルパソコン≫
G500/510
dv6

 

最後になりましたが、Windows10の新機能をご紹介します。

Windows10の特徴

Windows8で消えてしまったスタートメニューが復活
Windows10は、Windows8よりも前のOSなどと操作に関する共通点が多く、すぐに慣れて使いやすくなっています。

起動やシャットダウンなどの時間が短縮
Windows10はシステム容量や起動時間など基礎的な部分のブラッシュアップも確実に実行されているので、電源をつけてから起動するまでや再開、画面の切り替えの速さなどは以前と比べてかなり速くなっています。

標準で仮想デスクトップが使える
多数のアプリケーションを同時に起動していると、目的のアプリが画面上のどこにあるのかが分からなくなることがあります。このような場合は仮想デスクトップ機能を使って作業内容ごとにデスクトップを分離し、使い分けることができます。また、切り替え機能のタスクビューも刷新されています。

スナップ表示機能が一つの画面で最大で4つに
アプリを分割して表示可能で複数の作業を同時に行えるスナップ機能ですが、Windows8では1つの画面で最大2つ表示可能だったのがWindows10では最大4つにグレードアップしました。

これまでのブラウザにはなかった革新的なアイデアと機能が凝縮「Microsoft Edge」が搭載
EdgeはWebサイトを閲覧しながら思ったことや、メモしておきたいことをWebページに直接手書きで書き込みができ、キーボードでメモをする機能が搭載されています。まるで実物の本に書き込みをしていくかのように直感的な行動ができるようになりました。
さらにそれを読み取りビューなどで他の人と共有できる機能もあり、Web上での操作や共有方法が革新的なものになっています。無駄のないすっきりとしたレイアウトや整理されたインタフェース仕様によって自由に情報を閲覧することができるようになりました。
また、今まではどこにお気に入りのサイトやダウンロードしたファイルがあったのかを探す手間がありましたが、それらも1クリックで呼び出すことができます。

Windowsストアが一本化
すべての Windows 10 搭載デバイス向けに、Windows ストアが一本化されて生まれ変わります。これによって、PC、タブレット、スマートフォンなど、どれからWindowsストアにアクセスしても共通のアプリ、ゲーム、音楽、映画などをダウンロードして使用することができます。

コルタナが使用できる
パソコンにマイクがついていれば文字を入力する必要もなく、音声アシスタント機能の「コルタナ」が音声入力による質問にPCが答え、ソフトの起動、スケジュール調整、冗談なども言います。「コルタナ」には検索内容や使用ソフトの中身の内容や傾向などからユーザーに関する情報を学習できる機能もある為、コルタナがユーザーに合わせてニュースなどを表示してくれることもあります。

3D Builder
Windows10には3Dプリント用データを作るアプリ、3DBuilderが付属しています。
Windows10 の新しい3D 印刷サポートを使用して、デジタル 3D モデルから物理的な対象物を PC で作成できます。

(参考サイト)
マイクロソフトホームページ: https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/features
Freedom NEWS!:http://freedomnews.jp/1765
Gigazine:http://gigazine.net/news/20150806-windows-10-compare-windows-7/
Hatena Blog フリーノート:http://freenotes.hatenablog.com/entry/2015/08/03/031357
できるネット:https://dekiru.net/article/13282/