官公庁機関特有のニーズに合わせてプランを最適化

官公庁機関への取引実績多数あり。
様々な要望に合わせたプランを提案します。

パソコンレンタルサービスでは自治体・官公庁機関特有の予算・支払の管理に合わせた柔軟なプランをご提案します。パソコンレンタルはリースや購入と違い減価償却が不要で、ソフトウェア導入の作業負担も軽減され、様々な面でコスト削減が可能です。

パソコンレンタルなら予算を事前に予測できます

故障の場合も代替機の手配は予算内で対応

故障の場合も、弊社に原因のある場合は追加費用も発生せず、代替機の手配は予算内で対応できるため、自治体や官公庁機関の予算計画も立てやすくなります。

自治体・官公庁の予算サイクルに合わせて

1年、18ヶ月など、自治体や官公庁機関の予算サイクルに合わせて柔軟に選択できます。

自治体や官公庁では重要な管理コストの低減が可能。資産計上は不要。

IT資産管理もアウトソーシング

IT資産管理もアウトソーシングでき、PCの導入、障害による入れ替え、廃棄などの管理コストを削減できます。

固定資産の減価償却も不要

パソコンの資産計上が不要なので、減価償却計算や保険加入、廃棄処分などの面倒な事務手続きが不要になります。

ソフトウェアの導入コストも削減

マイクロソフトオフィスなどのインストールや更新に必要なライセンスの管理、バージョンアップ作業なども不要になります。

ソフトウェアインストールなどカスタマイズも安心

ウィルス対策も万全

レンタルパソコン全機種に法人様向けの強力なウイルス対策ソフトをインストール済みの状態で配送します。

オフィスソフトもご希望に応じてインストールします

オフィスソフトなどはご希望に応じて、インストール済みで納品しますので、到着後にすぐに利用することが可能です。

Windowsとマイクロソフトオフィスは正規レンタル用ライセンスを使用。

Windowsとマイクロソフトオフィスは正規レンタル用ライセンスMicrosoft Services Provider License Agreement (SPLA)を利用しており、ライセンス違反等の心配もなく安心してご利用いただけます。

官公庁向けおすすめモデル

※価格は税別表示です

ノートパソコンをもっと見る

お電話でもお問い合わせを承ります。